アレンジ自在なスポンジケーキ作りで使う道具

ケーキ作りを考えているなら、スポンジケーキは基本となるものです。まずはこちらを作れるようになるとさまざまなバリエーションが広がっていき、作るのが楽しくなります。ただケーキ作りで重要なのは使う機材の見極め方で、初心者でも最低限用意しておきたいものがあって、まずはそれらをチェックすることからはじめましょう。道具は普段の料理に使っているものも活用できますので、購入の前に自宅キッチンの調理用具のチェックも必要になります。まずは基本の道具を押さえて、実際にケーキを作ってみて、そこからもっと楽に行えるものを求めていくといいでしょう。これから必要なものを説明していきますので、自宅キッチンと見比べて、ないものは購入すると楽にスポンジケーキが作れます。

スポンジケーキ作りで基本となる道具

スポンジケーキを作るために必要最低限の道具として、「ホイッパー」「ボウル」「ふるい」「ゴムベラ」、そしてスポンジケーキを焼くための型が必要になります。ホイッパーとは泡だて器のことで、実はケーキ型以外はお料理が好きな方のキッチンならだいたいはそろっているかもしれません。ただゴムベラに関しては注意が必要で、においを吸収しやすい性質がありますから、料理で使った道具は避けてケーキ作り専用のゴムベラを購入することをおすすめします。ボウルは卵を泡立てるためのものと、お湯を張って温めるもの、さらに材料の計量用に小さめのものがあるといいでしょう。基本的にはこれだけあればケーキは焼けますが、他にもあると便利な道具は多いので、そちらも参考にすることをおすすめします。

あればケーキ作りが便利になる道具

スポンジケーキを作るためには卵の泡立てが必要で、「電動ホイッパー」があればかなり便利ですし、初心者が手で泡立てるのはかなり難しいので余裕があればそろえておくといいでしょう。そして「クッキングシート」もかなり便利なもので、ケーキ型のまわりに使用することで焼けたスポンジケーキが綺麗に取り出せます。他にもスポンジケーキを生クリームでデコレーションするなら「絞り出し袋」と「口金」、塗っていくための「パレット」、さらにケーキを置いて回転させることができるケーキ台もあればとても便利です。そしてケーキ型は初心者なら丸形がよく、一番オーソドックスなものからチャレンジすることをおすすめします。基本的にこれらがあればケーキを焼けますし、電子レンジ対応の型を利用すればオーブンがなくても作れます。