ふんわり膨らんだシフォンのケーキ作りで使う道具

ふわふわしてやわらかいシフォンケーキは口当たりがよくいくらでも食べれます。また、フレーバーはプレーンの他にココア、バナナ、抹茶、紅茶など基本の材料に追加するだけでアレンジ可能です。そこで、シフォンのケーキ作りで使う道具を紹介します。まずは、材料を計るスケール、材料を入れるボール、卵黄を混ぜる泡だて器、卵白を泡立てるハンドミキサー、ゴムベラ、シフォン型、ガスオーブンか電気オーブン、焼きあがったシフォンケーキを冷ますために使うマグカップがいります。シフォン型はアルミ製を使用します。なぜなら、シフォンケーキは材料の半分が卵白でできているのでつぶれやすいので型にはバターなどの油脂を塗ったりベーキングシートを敷くことはしません。わざと型にこびりつかせてケーキが冷めて安定するまで放置します。

初心者の方へシフォンのケーキ作りに必要な道具の紹介

シフォンケーキに必要な道具は先ほど紹介しましたが、すべてそろえるとなると大変ですが、シフォン型を紙製のシフォン型にすることで費用の負担は軽減されます。また、ガスオーブンの代わりに電子レンジでも作れますし、おそらく炊飯器や無水鍋でも作れるかと思います。ここでは、初心者の方へのご紹介なので焼き型をアルミ製から紙製に変更してお伝えします。初心者に限らないことですが、紙製の方が成功率が高まります。なぜなら、紙はアルミに比べて熱伝導率が良いのでむらなく焼けます。そして、焼きあがったら型を逆さまにしてせっかく膨らんだ生地がしぼまないようにするのですが、紙だと生地がべったり紙にくっつくので生地がしぼむ心配がないのです。その上紙だと捨てるだけなので生地がこびりついてなかなか落ちないアルミの型を洗わなくて済みます。

初心者の方へケーキ作りにお役立ちアイテムをご紹介します

ケーキ作りが初心者の方、または一度もケーキ作りをしたことのない方へ何か役に立つアイテムがあればご紹介したいと思います。まずは、生地を泡立てる泡だて器ですが、力のある方は問題ありませんがたいていの人は、卵3個以上泡立てるのはかなり時間も力もかかりくたびれるので、ハンドミキサーを使います。短時間できれいにまんべんなく泡立つのでケーキ作りが好きになります。それと、ケーキの焼き型ですが、1000円以上するものが多く安価ではないので紙型で代用します。100均で手に入れることができます。しかし、紙はやわらかいので生地を流し込むと変形するデメリットはありますが、熱伝導率が良いのでむらなく焼けて、焼きあがったら髪を捨てるだけなので洗う手間がなく便利です。ケーキを焼く回数が増えれば紙型はコストが高くつくので型を買えばよいと思います。